初期型RG250ガンマカタログ

みなさんこんにちは!
今日は梅雨明けの暑さを少し思い出させられるような、ちょっと蒸し暑い日ですね。
今日から少しの間天気は下り坂ということで、GWはバイク一色で過ごすぜ!という方には少々残念ですね。

そんな日は読書でもしてゆっくり過ごすのも、いい休日の過ごし方だと思いますよ。
例えば、今日ご紹介するカタログをディスプレイに穴があく程に見てみたりw

掲載されているバイクと市販車との違いを発見するのも、カタログ鑑賞の楽しみの一つだったりします。意外とあるんです。

もちろん、このカタログにも。

 

初期型RG250ガンマカタログ

初期型RG250ガンマのカタログです。

市販バイクとして初の「セパハン(セパレートハンドル)」、「アルミフレーム」、「サイドスタンド」などなど、
当時としては有り得なかった装備で、バイクの世界に衝撃を与えたバイク。

レーサーのRGガンマの技術・スタイルがフィードバックされているのがよく分かります。

カタログ記録vol.1で見た当時のスズキの戦略を見た後でこのカタログを見ると、
よーくリンクしているのがこれまた分かりますね。

それではごゆっくりご覧下さい。ディスプレイに穴があくまで…

 

 

初期型RG250ガンマカタログ

ドーン!と、どデカくお披露目のRG250ガンマ。

当時のレーサーマニア約100人がこの写真を見て衝撃で亡くなったという話は今も語り継がれています(ウソ

 

初期型RG250ガンマカタログ

250ccで45馬力、これもこのRG250ガンマが初めて達成した数値で、

このクラス(排気量)の自主規制馬力となりました。

 

初期型RG250ガンマカタログ

写真右後方にあるアルミのタンクは、おそらくRGガンマのものと思われます。それくらい細かい所も見てください(笑

 

初期型RG250ガンマカタログ

裏にはRGガンマの数々の実績と、不自然な走り方をするF・ウンチーニ(多分)の姿と。

 

いかがでしたでしょうか。

このRG250ガンマから始まった80年代バイク史というのは非常に面白くて、
巷で盛り上がり続けるバイク熱、それに応えるメーカー、そしてバブル崩壊と新しい時代の到来…と、
本当に色々なドラマがあります。これらも後々知っている範囲ではありますが、語ってみたいと思っています。

 

以上、カタログ記録vol.2でした!

市販車との違い、分かりましたか??


  • 石○

    アッパーカウルのライト下の部分とサイドカウルの縁の部分が白い…ですかね…?

    そんなことより4枚目の画像の風洞実験のプロトタイプカラーが気になって仕方がありませんw

    • http://dreamfunction.net/ ORE

       正解!あと、サイレンサーのエンド部分が平らだってところかなwww
      プロトタイプのカラーは確かに気になるねぇ。調べても出てこない。当然かもしれんけどw

  • かず

    やっぱりフロント周りがが最高にエロいですねwww

    • http://dreamfunction.net/ ORE

       そこにエロスを感じるのはやはり鈴菌保持者の証拠でしょうwwANDFとかもうたまらんっすw

  • Pingback: DreamFunction|RG50ガンマ2型カタログ